オーダーメイドインソール成形(フィギュアスケート編190930)

今回は、フィギュアスケート用のインソールを作りました。
フィギュアスケートは、競技時に速いスピードで滑ったり、スピンしたり、ジャンプしたりするので、カカト・前足部や膝、腰などに非常に大きな負荷がかかります。
それゆえに、身体の各部位に痛みを抱えていらっしゃる方は非常に多いようです。また、スケート靴自体が硬くタイトなので、足への負担は大きいでしょう。
足型に合ったインソールは心強い味方になると思います!!
さて、インソール成形の流れですが、
足のサイズ計測⇒足裏観察⇒
足首~膝にかけて観察⇒『HDバキュームで』足型取り⇒
インソールに熱を加える⇒
足型にインソールを乗せて、さらにお客様に乗っていただいてインソールに型をつける⇒
インソールを冷やしてから、最適な形状にカットして研磨⇒
ストレッチ・トレーニングのアドバイス
以上でございます。
今回はスケート靴のボリュームを考慮して『シティプラス』を選択しました。
別日に靴の拡張もする予定でしたが、履き心地良好ということで、拡張しなくて大丈夫ですとのご連絡を頂きました。ありがとうございました★
今回のように、インソールを入れてアーチを上げることで、足の幅が狭くなり、足が靴に当たっているのが改善されることが期待されるのです。
足が靴に当たって痛みが出ている方は是非お気軽にお問い合わせください★
            
『シダス・インソールの効果』はこちら
『シダス・インソールはココが違う』はこちら
『お問い合わせ~インソール成形までの流れ』はこちら
『インソール成形記録』はこちら