『シダス・インソール』はココが違う

絶対知っておきたい 『シダス・インソール』の効果 をご覧いただいた方は、シダス・インソールの魅力がご理解いただけたかと思います。
しかし、世の中には様々なインソールメーカーがあり、様々なインソールを作っています。それぞれに特徴があるのですが、他社製品とシダス・インソールはどこが違うのかということを紹介していきたいと思います。
【シダス以外のインソール、代表的なもの】
[シューズ付属のインソール]
○追加コストがかからない
×サポート機能に欠け、フィット感がなく、疲れやすい
×靴の中での安定感がなく動きがスムーズにならない
[ハードタイプ]
○しっかりしたサポートで、動きが少なければ安定感がある
×動きに連動せず、運動パフォーマンスの低下を招く
×衝撃吸収性能に欠け、痛みが出やすい
[衝撃吸収タイプ]
○使い始めは足あたりがソフトで快適。衝撃吸収力もある
×使い続けると圧が集中しすぎて痛みが出やすい
×柔らかいため、靴の中で安定しずらい
×力を効率よく伝える場面ではロスがでる。
[立体ソフトタイプ]
○履いた時の違和感が少ない
×安定感が不足し、足の動きにも連動しない
×サポート機能が低く、フィット感が充分でない
以上のように、他社製インソールにはもちろんメリットがあるのですが、デメリットもあるのです。では、インソール業界のパイオニアとして、先進的な製品を作り続けてきた『シダス・インソール』についてみていきましょう。
【他社製インソールと一線を画す性能】
①ぴったりフィット
足裏に隙間なくフィットし、適度な硬さでアーチを確実にサポート。身体の基礎部分といえる足裏を安定させます。
②しなやかサポート
アーチを固めてしまうことなく、足の動きにしなやかに連動。この“しなり”が、快適性と動きやすさを引き出します。特に1歩目のスムーズさを実感できるはずです。
③しっかりサポート
を覆う立体形状で、確実なサポートを実現。足裏の安定全身の安定感を高め怪我の予防パフォーマンス向上に役立ちます。
『シダス・インソール』と他社製インソールの違いをまとめると
①お客様の足型を忠実に再現しています。
お客様の足の左右差、アーチの高さに対応、靴と足が連動します。足裏全体での運動が可能になります。
②アーチ(土踏まず)部分が、体重を支えるほどの剛性をもちながらも、適度にしなりがあります。
アーチの保護をしつつも、足本来の動きをアシストしてくれます。
③踵をヒールカップがしっかりと優しく覆っています。
衝撃吸収に優れていて、かつ、踵の位置がずれないことにより、捻挫や膝痛を予防する効果が期待できます。
1975年の創業以来、インソールのパイオニアとして、妥協のない製品を作り続けてきたシダス。
後続メーカーとは一線を画すノウハウが、全ての製品に活かされています。
この記事をお読みになってオーダーメイドインソールが興味が湧いた、作りたくなった方は、今すぐご連絡ください★☆
☎ 0798-78-3679
Email: sclgt777@gmail.com
まだ、シダス・インソールについてお知りになりたい方は、以下のページをご覧ください♫
            
『お問い合わせ~インソール完成までの流れ』はこちら
『インソール成形記録』はこちら
『インソール商品一覧』はこちら
【参考・引用】
シダスジャパンHP
SIDAS MANUAL For Advanced Technician
             
この記事を読んで面白いと思った方は「いいね!」「シェア」などよろしくお願いします☆