瀬藤祐司

【名前】
瀬藤祐司(せとうゆうじ)
【好きなもの】
肉・寿司・揚げ物・麺類
【趣味】
格闘技観戦、トレーニング
【経歴】
中学生から大学生までテニス部に所属。
教員を2年間、テニスコーチを8年間勤め、その後フリーに。
【資格】
日本プロテニス協会公認プロフェッショナル
アメリカプロテニス協会公認プロフェッショナル
シダス アドバンスド認定技術者
中学校教諭1種免許社会
高等学校教諭1種免許地理歴史
高等学校教諭1種免許公民
【エピソード】
元々病気や怪我の多いひ弱な子でした。しかし、テニスに出会ったことで運動能力や筋力が大幅に向上し、少しずつ自分に自信が持てるようになりました。
高校進学後もテニス部にはいり、大いに鍛えられました。楽しいことも嬉しかったことも、辛かったこともたくさんありました。僕のテニスの基礎がここで築かれたと思います。
テニスへの情熱は冷めることなく、大学進学後も迷わずテニス部に入りました。しかし、1年生の時から肩の怪我で悩まされ、リハビリを経てやっと復帰できたと思ったら、また怪我が再発してしまい、その時はもうテニスを辞めようと思い、部活には出なくなりました。
ところが、無断で部活を休み続けているのにも関わらず同級生や先輩たちはそれを糾弾することなく相変わらず僕を遊びに誘い、辞めさせてもらえる雰囲気はありませんでした。そして周囲の説得に押される形で僕は手術を受けることを決意しました。
それから辛く苦しいリハビリ生活が始まりました。最初は腕を全く動かすこともできないところからスタートで、筋肉が委縮してゴボウのような腕を観た時は愕然としました。
しかしリハビリ生活がきっかけ身体の事について学ぶようになり、トレーニングやストレッチのこと、運動に関してなどの知識が増えていきました。
あの時止められていなかったら今の僕はないので、同期の仲間や先輩方にはとても感謝しています。
テニスコーチになってからも身体のことや運動のことについて勉強し続けていて、ジュニアのトレーニング指導や、一般の方のレッスンでもエクササイズを取り入れたり、怪我をしてしまった生徒さんにリハビリのメニューをアドバイスさせていただいていました。それによってパフォーマンスが向上したり、症状が改善していく様子をたくさん見てきました。やはり生徒さんのパフォーマンスが上がったり、症状が改善した時にこぼれる笑顔は何にも代えがたいものがあります。
僕が『シダス・インソール』に出会ったのはテニスコーチをしている時で、ラパンブラン店長の佐藤にオーダーメイドインソールを成形してもらったのがきっかけでした。僕が感じたのはまず疲労感の少なさです。毎日5レッスン、6レッスンする僕の脚はパンパンになっていて、ストレッチに多くの時間を費やしていました。それがシダス・インソールを入れたことで大幅に疲労が軽減し、ストレッチの時間も少なくて済むようになりました。また、一歩目のスムーズさや切り返しの速さを体感することができ、今まで追いついていなかったようなボールも追いつけるようになりました。そして踵回りの安定感も抜群に良く、捻挫癖のある僕の足首をしっかり保護してくれます。それ以来僕にとってシダス・インソールは欠かせないモノとなっています。
僕は『シダス・インソール』の成形を通して皆さんを根元から支える足をサポートし、皆さんが抱える症状やお悩みを改善して、またスポーツや仕事におけるパフォーマンスをアップしていきたいと考えています。そして、ストレッチやトレーニング指導を施すことによって、よりシダス・インソールの効果を高め、根本的な改善へ繋げていきたいと思っています。
僕は『シダス・インソール』の成形、ストレッチやトレーニング指導の組み合わせでより多くの方の笑顔を作っていきたいという思いで活動しております。
【コミュニティ】
Instagram
Facebook
Twitter
フォロー いいね! シェア お待ちしております!!