オーダーメイドインソール成形(テニス編190516)

今回はテニスをされる方がインソールを作りに来られました。写真の掲載OKいただきありがとうございます。それでは成形の様子をご紹介します。
まずは足の長さと幅を測ります。外反母趾・内反小趾の程度もこの時に観ます。
今回使用するインソールは『アクションプラス』だッ!!
横の動きに強く、耐久性も高いので、テニスのような前後左右に激しく動くスポーツにうってつけです★
この後足裏を観させていただいてから、いざ成形スタート!
足を置いてポジションを調整しています。
『ウィンドラスメカニズム』の説明。僕は扁平足なので足裏がべったりついています。
つま先を上げて『ウィンドラスポジション』をつくることで、『内側縦アーチ』が上がります。これにより、足部の剛性が上がり、衝撃を吸収しやすくなるとともに、前方への推進力を高めます。またふくらはぎ~背中にかけての筋肉にテンションがかかり、姿勢がよくなりますさらに、アーチ(土踏まず)を高くすることにより足幅が狭くなりますから、外反母趾や内反小趾による痛みを緩和することが期待できます。このアーチの高さでインソールを作ることで、上記の効果を狙っています。また、いつものアーチより少し高いインソールをつくることで、アーチの低下を防ぐという意図もあります。
アーチ上げてます!!ぐいぐい!
右足のアーチも上げるぞぉぉぉ!
仕上げに『舟状骨』の真下を上げる!
足型の上に熱して柔らかくしたインソールを乗せます。
インソールを、お客様の足型と、足でサンドイッチ!!『ウィンドラスポジション』を保ちます。僕も補助しています。
3分乗って頂いたら、降りていただき、冷却スプレーをインソールに「ぷしゅーーーー」と噴射し、型から外してもう少し冷やしたらOK!
しっかりアーチが形成されていますね♫この後ハサミでカットして『グラインダー』で研磨して完成!
速く走れて、足の痛み、疲労が緩和されますように★☆
            
『シダス・インソールの効果』はこちら
『シダス・インソールはココが違う』はこちら
『お問い合わせ~インソール成形までの流れ』はこちら
『インソール成形記録』はこちら